Maya Memsaab

 1993年7月2日公開の「Maya Memsaab」は、19世紀のフランス人小説家ギュスターヴ・フローベール作「ボヴァリー夫人」(1856年)を原作にした映画である。「ボヴァリー夫人」は19世紀フランス文学の名作に数え...

Kabhi Haan Kabhi Naa

 「Kabhi Haan Kabhi Naa(イエスのときもノーのときも)」は、しばしばシャールク・カーンのベスト作品に数えられることがある作品である。1993年1月10日から20日にデリーで行われた第24回インド国際映...

Raju Ban Gaya Gentleman

 1992年11月13日公開の「Raju Ban Gaya Gentleman(ラージューが紳士になった)」は、後に「3カーン」の一角を占める人気スターに成長するシャールク・カーンの、初期の出世作の一本だ。日本でも「ラジ...

Jo Jeeta Wohi Sikandar

 21世紀のヒンディー語映画界においてスポーツ映画は既にジャンルとして確立しており、様々なスポーツを題材にした映画が作られている。このトレンドの先駆者となったのが、クリケット時代劇「Lagaan」(2001年/邦題:ラガ...

Maine Pyar Kiya

 1980年代に「暗黒時代」を迎えていたヒンディー語映画界が浮上するきっかけを作った最初の映画が、アーミル・カーン主演の「Qayamat Se Qayamat Tak」(1988年)だったが、もちろん、1本の映画だけで全...

Qayamat Se Qayamat Tak

 1980年代はヒンディー語映画の暗黒時代と呼ばれている。TVやビデオが普及したことで観客が映画館に寄りつかなくなり、映画は貧困層の娯楽に成り下がった。ヒンディー語映画界も背に腹は代えられず、貧困層向けの、暴力とエロに満...

Nagina

 インド映画界には、変幻自在の蛇イッチャーダーリー・ナーグ(雄)またはイッチャーダーリー・ナーギン(雌)を主人公にした「ナーグ映画」または「ナーギン映画」というジャンルがあり、インド人の間で非常に人気がある。元々イッチャ...

Disco Dancer

 史上もっともヒットしたインド映画は何か、という問いは、シンプルなだけあって逆に答えるのが難しい。その問いに答える前にまず、国内興行収入のみを見るか、それとも海外の興行収入を含めた全体で見るか、前提条件を決める必要がある...

Gandhi

 「インド独立の父」と呼ばれるマハートマー・ガーンディーの伝記映画「Gandhi」は、世界の映画史に燦然と輝く傑作中の傑作と誉れ高い。英印合作のこの映画は、アカデミー賞11部門ノミネート、8部門受賞など、非常に高い評価を...

Sholay

 1975年8月15日に公開されたヒンディー語映画「Sholay(炎)」は、インド人の心に永遠に刻み込まれていくであろう傑作として、インド映画史において他の追随を許さない特別な地位を獲得している。公開から半世紀が過ぎても...

Pather Panchali (Bengali)

 インド映画界で最大級の尊敬を受ける映画監督といえばベンガル人サティヤジート・ラーイだ。日本では「サタジット・レイ」と表記されることがほとんどであるし、ベンガル語読みをすると「ショトジト・ロイ」などとなるのだが、Film...

Nagin

 1954年3月5日公開の「Nagin(雌蛇)」は、インド映画が誇るナーギン映画の祖である。蛇使いが吹く笛を「ビーン」というが、その独特のメロディーを決定付けたのがこの映画だ。ただし、後のナーギン映画で定番となる変幻自在...