はじめに

about Filmsaagar

Filmsaagarとは

 「Filmsaagar(フィルムサーガル)」とはヒンディー語で「映画の海」という意味。インド映画、特にヒンディー語映画の紹介を主としたWordpressによるサイトである。テーマはGraphy Proを、タイトルロゴの手書きデーヴァナーガリー・フォントはSharad76を利用させていただいている。

 ヒンディー語の有名な辞書に「Hindi Shabdsaagar(ヒンディー語の単語の海)」(初版は全7巻で1928年に完成、93,115語収録、改訂版は全11巻で1975年に完成、203,000語収録)があり、「Filmsaagar」はそれにあやかった名前だ。

 2021年5月から作成を開始し、同年7月にグランドオープンした。

筆者について

 ブログの管理人はアルカカット。1978年、愛知県豊橋市生まれ。2001年から2013年までインドの首都デリーに住み、ジャワーハルラール・ネルー大学でヒンディー語博士号を取得した。インド在住時は毎週ヒンディー語映画を観る生活を送っていた。ヒンディー語映画「Paan Singh Tomar」(2012年)にヒンディー語の台詞付きで出演したことがある。現在は生まれ故郷の豊橋市に住んでいる。

 過去に「神聖インド帝国」、「これでインディア」、「バハードゥルシャー勝(まさる)」などのウェブサイトやブログを公開して来た。2001年からヒンディー語映画のレビューを書いて来ており、帰国後もできる範囲で続けていたが、インド留学時のウェブサイト「これでインディア」と、日本帰国後に始めたブログ「バハードゥルシャー勝」にレビュー記事がまたがってしまっており、データベースとして不便だったので、映画評をまとめたサイトを作りたいと常々思っていた。そこで、「これでインディア」公開20周年となる2021年に、「Filmsaagar」を立ち上げた次第である。

 著書に「たなるインド映画の世界」(Pick Up Press/2021年)がある。

映画評(映評)について

 当初からヒンディー語映画の批評をしようと思って「これでインディア」を運営していた訳ではない。あくまでインド留学日記の一環として書いていたので、初期の頃の映画評は批評と言うよりも日記の延長かメモ程度のものである。誰かから「インド映画の批評なんてできるのか」とインド映画を馬鹿にする発言をされたのをきっかけに、インド映画の批評に本腰を入れ始めたと記憶している。当時書いたことを読み返すとあまりに未熟、かつ、やけに手厳しくて苦笑してしまうのだが、その中には貴重な情報もあるため、誤字脱字や余計な部分はそぎ落としながらも、なるべく原型をこちらに転載した。客観的に評価するならば、2004-05年あたりから批評らしくなって来る。

 時代によってレビューの書き方に変遷がある。インド在住時に書いていたレビューは、ヒンディー語が分からない在印邦人にとってインド映画を鑑賞し理解する上での手助けになることを第一の目的としていたので、基本的にはネタバレありのレビューである。インドの映画館ではインド映画は英語字幕なしに上映されるのが普通だが、それでも頑張って映画館でインド映画を観ている在留邦人は一定数いた。その答え合わせに「これでインディア」はよく愛用していただいていたようである。

 2013年に日本に帰国し、「バハードゥルシャー勝」を立ち上げてからは、あらすじを最後まで書かないスタイルにすることもある。個人的な備忘録でもある上に、作品紹介よりもその映画の意義を明らかにしたいので、必要に応じて結末まで触れるが、日本公開作品や日本語字幕ありの配信作品など、比較的アクセスしやすい映画については寸止めにする努力も払っている。だが、結末まで触れないと完全な評価をしてあげられないことが多いため、基本はネタバレありのレビューだと考え、自己責任で閲覧していただきたい。

 基本的に、鑑賞した作品はどんなに駄作でも必ずレビューするようにしているが、何らかの原因で、鑑賞したのに批評をしていないものもいくつかある。その多くは、映画館で観る機会を逸して(あるいは意図的にパスして)、後でDVDで観たり、飛行機の中で観たりした作品である。インド在住時には、「映画館で観ていない映画の批評はしない」というポリシーを貫いていたため、こういうことになった。時間に余裕があれば、そういう書きこぼした作品の批評も、作品を見返した上で、追加して行きたいと思っている。日本帰国後は、劇場公開されるインド映画のパンフレット解説文などを頼まれることがあり、それまで未見だった作品については遠慮して映画評を書かなかったことがある。

 監督や俳優の名前、劇中の登場人物の名前、地名など、各種固有名詞については、日本で公開された作品に付けられた字幕やデータのものとは一致しないことがある。インドに関する固有名詞のカタカナ表記については独自の、かつ学術的根拠に基づいたポリシーがあり、それに従っている。だが、時々ぶれることもあるので、気付いたら随時直している。

 各作品評の投稿年月日は、基本的にその映画がインドで公開された年月日としており、鑑賞した年月日ではない。その方がデータベースとして便利だからである。

 「これでインディア」や「バハードゥルシャー勝」ではしていなかったのだが、「Filmsaagar」では、これからその映画を鑑賞する予定の読者のための目安になるかと思い、各作品評の冒頭に星評価を付与している。★0.0~★5.0まで、0.5刻みで合計11段階評価である。個人的な主観、インドでの興行成績、そして歴史的意義の3つを基準として総合判断している。

観なければ損、不朽の名作
5.0
4.5
是非観るべき傑作
4.0
3.5
暇があれば観てもいい良作
3.0
2.5
観なくてもいい失敗作
2.0
1.5
観るべきでない駄作
1.0
0.5
インド映画の恥
0.0

映評本数の軌跡

  • 2001年から2013年までのインド在住期間に、「これでインディア」にてレビューしたインド映画(南アジア映画と在外インド人監督映画等を含む)の数は、685本だった。
  • Filmsaagar公開後の2021年7月14日に1,000本を達成した。
  • 2021年10月7日に1,100本を達成した。

アクセス解析ツールについて

 当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用している。このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにクッキー(Cookie)を使用している。トラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではない。

免責事項

 当サイトからのリンクやバナーなどで移動したサイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負わない。

 また当サイトのコンテンツ・情報について、できる限り正確な情報を提供するように努めているが、正確性や安全性を保証するものではない。情報が古くなっていることもある。

 当サイトに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねるのでご了承いただきたい。

著作権・肖像権について

 当サイトで掲載している文章については、無断転載することを禁止する。

 当サイトでは、映画評ページで映画製作会社等が販促用に公開しているポスターを使用している。それらのポスターについては、当サイトに著作権はない。

 当サイトは著作権や肖像権の侵害を目的としたものではない。著作権や肖像権に関して問題があったら、japanibabu「アットマーク」hotmail.comまたはTwitterよりご連絡をいただきたい。迅速に対応する。

リンクについて

 当サイトは基本的にリンクフリーである。リンクを行う場合の許可や連絡は不要である。

 ただし、インラインフレームの使用や画像の直リンクはご遠慮いただきたい。