Jawan

 コロナ禍を機に如実となったヒンディー語映画界の悪夢のような不振を一発で吹き飛ばしてしまったのがシャールク・カーン主演の「Pathaan」(2023年/邦題:PATHAAN パターン)であった。アクシャイ・クマール主演「...

Pathaan

 2022年のヒンディー語映画界は最悪のスランプに陥っていた。コロナ禍が収まり始め、徐々に大スターが出演する大予算型の期待作が映画館で公開されるようになったが、ほぼ全滅状態だった。アクシャイ・クマール主演「Samrat ...

Cirkus

 2022年12月23日公開の「Cirkus」は、ヒンディー語映画界のヒットメーカー、ローヒト・シェッティー監督のコメディー映画である。シェッティー監督は、コロナ禍において不振に陥ったヒンディー語映画界において「Soor...

Gehraiyaan

 2022年2月11日からAmazon Prime Videoで配信開始されたヒンディー語映画「Gehraiyaan(深み)」は、浮気を含む複雑な人間関係をじっくりと描き出した大人向けのロマンス映画である。プロデューサー...

83

 今でこそインドで一番人気のスポーツはクリケットだが、実は最初からそうではなかった。インドを代表するスポーツは英領時代から独立後まで長らくホッケーであり、インド代表は国際試合の常勝国だった。血を分けた兄弟国であるパーキス...

Chhapaak

 インドの女性問題というとどうしてもレイプが真っ先に注目されるが、それ以外にも多くの問題が存在する。その中でもインドや南アジアに特有の問題がアシッド・アタックである。アシッド・アタックとは、他人の顔や身体に酸を掛ける行為...

Zero

 2014年9月24日、インド宇宙研究機関(ISRO)が打ち上げた火星探査機「マンガルヤーン」が火星の周回軌道に到達した。これにてインドは、初の試みで火星探査機を火星の周回軌道に送り込むことに成功した世界最初の国となり、...

Padmaavat

 ヒンディー語文学の学習者なら誰でも通る、マリク・ムハンマド・ジャーエスィー著、バクティ時代を代表する作品「パドマーワト」(16世紀)は、サンジャイ・リーラー・バンサーリー監督によって映画化され、「Padmaavat」の...

Raabta

 インド映画に特徴的なストーリー・パターンに輪廻転生モノがある。インド人の8割が信仰するヒンドゥー教は基本的に輪廻転生を信じている。前世からあって現世があり、そして現世の後には来世がある。映画に生まれ変わりを盛り込むこと...

Bajirao Mastani

 もし「映画らしい映画」は何かと問われれば各人各様のイメージを持つと思うが、セットや衣装に巨額の予算を投じた豪華絢爛な時代劇・歴史モノ映画は、「映画らしい映画」の代表格だ。インド映画にも時代劇の系譜があり、特にムガル朝時...

Tamasha

 ヒンディー語映画界において、ロマンス映画の領域を果敢に開拓している監督と言えば、イムティヤーズ・アリーをおいて他にいない。彼は監督デビュー作の「Socha Na Tha」(2005年)から一貫してロマンス映画を撮り続け...

Piku

 デリーはインドの首都であり、首都の性格上、インド各地から移住して来た人々が集まり住む移民の街でもある。元々デリーはパンジャーブ地方の一端に位置すると言えるのだが、移民の中で最も目立つのは、印パ分離独立時にパーキスターン...