Badnaam

 2021年8月13日からZee5で配信開始された「Badnaam(汚名)」は、犯罪者からスパイに転向した女性の物語である。ほとんど無名の監督・俳優たちによる映画だが、監督のクリシュナー・バットは、良質なB級映画を乱発す...

Hacked

 ヴィクラム・バット監督はヒンディー語映画界におけるB級映画の雄であり、庶民が好きそうな下世話な映画を好んで作っている。しょうもない映画も多いのだが、たまに当たりがあり、大ヒットに化けることもあるので見逃せない。

Ghost

 2019年10月18日公開の「Ghost」は、その直球のタイトルからも分かる通り、ホラー映画である。B級映画の雄ヴィクラム・バットが脚本を書き監督を書いている上に、出演もしている。

Raaz: Reboot

 ヒンディー語映画で初の本格的なホラー映画として知られる「Raaz」(2002年)は大ヒットとなり、その後、「Raaz: The Mystery Continues」(2009年)、「Raaz 3」(2012年)と続編が...

Bhaag Johnny

 「Monsoon Shootout」(2013年)は、人生のある時点で3つの選択肢が選べると仮定し、それぞれの選択肢を選んだ場合の未来を順に見せるネオノワール映画であった。同じようなコンセプトの映画が、2015年9月2...

Khamoshiyan

 2015年1月30日公開の「Khamoshiyan(沈黙)」は、B級映画の雄、マヘーシュ・バット、ムケーシュ・バット、ヴィクラム・バットの一族によって作られたホラー映画である。

Creature 3D

 間もなくインド初のゾンビ・コメディー映画「インド・オブ・ザ・デッド」(2013年/原題:Go Goa Gone)が日本で劇場公開されるが、ここのところインドのホラー映画もだいぶ多様化して来たと感じる。自分の記憶にある限...

1920: Evil Returns

 英領時代の1920年を時代背景とし、キリスト教的な世界観の上に作られたホラー映画「1920」(2008年)は、まずまずの興行的成績を収め、続編が作られることになった。2012年11月2日公開の「1920: Evil R...

Raaz 3

 不作だった2002年のヒンディー語映画界において、「Raaz」は例外的なヒットとなった作品だった。「Raaz」はしばしばインド初のホラー映画と呼ばれる上に、女優の肌の露出を映画の武器とする「スキンショー」のトレンドを作...

Dangerous Ishhq 3D

 2009年に「アバター」がインドでも公開され、センセーションを巻き起こした。それ以降、ヒンディー語映画界でも3D映画がいくつも作られて来ているが、最新式3Dカメラを使って撮影した初の正真正銘3D映画は、ヴィクラム・バッ...

Hate Story

 2012年4月20日公開の「Hate Story」は、良質なB級映画を量産するバット・キャンプお得意のエロティックなスリラー映画である。プロデューサーはヴィクラム・バット、監督は「Dhan Dhana Dhan Goa...

Haunted 3D

 ジェームズ・キャメロン監督「Avatar」(2009年/邦題:アバター)は世界中で大ヒットとなり、デジタル3D映画というジャンルを確立した。インドでも「Avatar」は洋画としては異例の大ヒットとなった。当時まだデジタ...