ルピーの円換算

 インドの通貨はルピー(Rupee/Rupees)である。略称では、単数形が「Re.」、複数形が「Rs.」と書かれる。「Indian Rupees」の略で「INR」と書かれることもある。2010年からはルピー記号「₹」が制定され、使われるようになった。ヒンディー語では「रुपयाルパヤー」と言う。補助通貨単位は「パイサー/Paisa/पैसाパイサー」で、100パイサー=1ルピーとなる。

 インド映画はインドを舞台にすることが大半であり、そうであるからには、映画の中に出て来るお金の通貨単位はルピーとなる。

 映画評などでお金の話題が出て来たときに、いちいち円換算していないが、特にインドを旅行したことのない人は、その額が日本円でいくらぐらいのことなのか、知りたいと思うことがあるだろう。

 Filmsaagarで取り上げている映画は、21世紀の映画がほとんどであることから、21世紀にルピーの価値がどのように変化したのかを、IMFのデータを基にグラフでまとめてみた。

 このグラフはあくまで為替市場の相場であり、実際に両替店で日本円をルピーに両替をするときには、もう少しもらえるルピーは少なくなる。僕が2001年にインドで住み始めたとき、「1ルピー=3円」の肌感覚があった。1万円を両替して、3,000ルピーはまず手に入るとして、それ以上もらえる端数分はボーナスだと考えていた。それがインド留学時代終盤の2010-13年頃には、1万円を両替すると4,000ルピー以上に換金されるようになっていた。リーマンショックを契機にルピーの価値が下落したのである。最近では「1ルピー=1.5~2円」に落ち着いているので、1万円は5,000ルピー以上に換金されることになる。

 よって、ルピーの価値を知りたいときは、映画の公開時期や、その映画の時間軸に合わせて「1ルピー=1.5~3円」の範囲で計算してもらえば、そのときの日本円での価値を算出することができるだろう。

 もっと遡ってルピー円換算の推移を見てみると、1980年には28.8円、1985年には19.3円、1990年には8.29円、1995年には2.90円となっており、より急速な下落が見られる。それを思うと、21世紀に入ってからの変動は大したことがないと言えるかもしれない。

 なお、お金に関してインドで最近あった大事件と言えば、2016年の高額紙幣廃止である。それまでインドで流通していた1,000ルピー札と500ルピー札の高額紙幣が突如使用禁止となったのである。そのときの混乱はいくつかのヒンディー語映画でも描写されている。「Shubh Mangal Saavdhan」(2017年)や「Choked: Paisa Bolta Hai」(2020年)などである。逆に、高額紙幣廃止の話題が映画の中で出て来たら、それは2016年のことだと受け止めればよい。