Bulbbul

 コルカタ(旧名カルカッタ)のあるベンガル地方は、ノーベル文学賞受賞者ラビンドラナート・タゴールを生んだ地域である。この地で作られるベンガル語映画はそんな風土を反映してか、文学的な雰囲気のものが多い。もっとも有名なのは、...

Poorna

 2014年5月25日、アーンドラ・プラデーシュ州の農村出身の少女マーラワト・プールナーは、エベレストの登頂に成功した。13歳11ヵ月で、世界最年少記録だった。貧しい家に生まれ育った彼女がどのようにして才能を見出され、エ...

Dil Dhadakne Do

 女性監督の台頭は、近年のヒンディー語映画界における明るいトピックのひとつだ。決して女性監督が過去に存在しなかった訳ではないが、娯楽・商業映画の路線で堂々と勝負する女性監督に乏しかった。その状況に一石を投じたのが「Om ...

Vishwaroop

 ここ数週間、大いに世間を騒がせていたのはカマル・ハーサン制作・監督・主演の「Vishwaroopam」および「Vishwaroop」であった。タミル語・テルグ語版のタイトルが前者で、ヒンディー語版タイトルが後者となる。...

Midnight’s Children (Canada)

 ディーパー・メヘター監督と言えば「Fire」(1996年)、「Earth」(1998年)、「Water」(2005年)の3部作で有名な、カナダ在住のインド系女性映画監督である。インドのタブーに問答無用で切り込むような作...

I Am

 2010年9月18日にニューヨークのアイ・ビュー映画祭でプレミア上映され、インドでは2011年4月29日に公開された「I Am」は、4つの短篇映画から成るオムニバス映画であるが、それぞれのエピソードが後のヒンディー語映...

The Japanese Wife

 インド人作家クナール・バスの短編小説に「The Japanese Wife」(2008年)がある。この小説を著名な女流映画監督アパルナー・セーンが映画化することになった。2008年の時点で既に映画はほぼ完成しており、年...

Before the Rains

 全くノーマークだったのだが、2009年8月14日から、サントーシュ・シヴァン監督の英語映画「Before the Rains」が公開されていた。この映画の初公開年は2007年であり、なぜこの時期にインドで初公開となった...

Dil Kabaddi

 2008年最後の月となったが、ヒンディー語映画界はラストスパートに入っており、年末までに数本の話題作が公開予定である。それを前に、小規模作品の投げ売りウィークになってしまったのが今週のようである。ヒンディー語映画だけで...

Tahaan

 ヴィシャール・バールドワージ監督の「Makdee」(2002年)以来、ヒンディー語映画界では盛んに子供向け映画が作られるようになった。アニメのレベルも徐々に上がって来ており、アニメに対して厳しい鑑識眼を持つ日本人の鑑賞...

Maan Gaye Mughal-e-Azam

 2008年下半期に入った途端、「Jaane Tu… Ya Jaane Na」、「Singh is Kinng」、「Bachna Ae Haseeno」をヒットさせて勢いに乗るヒンディー語映画業界。今日(2008年8月2...

Shaurya

 最近インド映画のDVDがやたらと安くなった。かつては1枚1,000ルピー以上していたものだが、今では30ルピー前後で手に入るタイトルがたくさん出て来た。はっきり言って音楽CDよりも安い。DVD価格破壊の張本人が、モーゼ...