特殊な数詞

 ヒンディー語の数詞には、1.5と2.5を表す特殊な単語がある。

  • 1.5 डेढ़デール Dedh
  • 2.5 ढाईダーイー Dhaai

 例えば「1時半」という時刻を言いたい場合は、「Dedh Baje(डेढ़ बजेデール バジェー)」という言い方が普通である。「Baje(बजेバジェー)」は「~時に」という意味だ。同じく、「2時半」の一般的な言い方は「Dhaai Baje(ढाई बजेダーイー バジェー)」になる。

 これらの数詞は、時刻のみならず、金額などの数字にもよく使われる。例えば、「Dedh Lakh(डेढ़ लाखデール ラーク)」と言った場合は、「15万」という意味になる。「Lakhラーク(लाख)」は「10万」という意味の数詞である。「1.5x10万=15万」という計算だ。

 ヒンディー語映画「Dedh Ishqiya」(2014年)の題名にある「Dedh」もこの単語である。これより前に「Ishqiya」(2010年)という映画があり、そのパート2が「Dedh Ishqiya」なのだが、「パート1.5」と少し洒落た言い方をしたくて「Dedh Ishqiya」としたのだと思われる。これは一般的な使い方ではないが、「Dedh」という単語にはどこか普通ではない斜に構えたイメージがあり、それを活用した題名だと言える。

 ちなみに、ムンバイーの売春街カマーティープラーには、「Dedh Gully(डेढ़ गलीデール ガリー)」という通りがある。「Gully(गलीガリー)」は「路地」という意味であり、敢えて訳すならば「1.5番通り」になる。この通りは、盗品が売られる泥棒市場であったり、ヒジュラー1の売春部屋が集まっていたりすると言われており、やはり普通ではない通りとなっている。

 そういえば、「Dedh Ishqiya」ではレズの描写がある。1でも2でもない1.5は、半陰陽的なイメージを喚起するのであろう。

 「Dhaai Akshar Prem Ke」(2000年)という映画の題名には「Dhaai(ढाईダーイー)」が使われている。題名を直訳すると、「愛の2.5文字」になる。「Akshar(अक्षरアクシャル)」は「文字」、「Prem(प्रेमプレーム)」は「愛」、「Ke(के)」は「~の」という意味の格助詞である。何が「2.5文字」なのか、ヒンディー語が分からない人にはチンプンカンプンであろうが、ヒンディー語の「愛」という単語「प्रेमプレーム」は、「Pa(प)」と「Ra(र)」と「Ma(म)」の3文字から成っており、その内の「Pa」が、いわゆる半子音字という形になっていて、母音が落ちて「P」となり、後に続く「Ra」と結合している。つまり、「Pa+Ra+Ma」が「P+Ra+Ma」になり、「Pra+Ma」になっている。それをもって2.5文字としているのである。さらに、母音記号が加わって「Pre+Ma」となり、語末の母音が落ちているのだが、そこまで理解したければ、ヒンディー語の表記に使われるデーヴァナーガリー文字の構造を勉強するしかない。

 「Kaminey」(2009年)というヒンディー語映画には、歌詞のサビの中に「Dhaai(ढाईダーイー)」が使われる「Raat Ke Dhai Baje」という曲がある。

Raat Ke Dhai Baje Full Video | Kaminey | Shahid Kapoor, Priyanka Chopra | Vishal Bhardwaj

रात के ढाई बजे कोई शहनाई बजेラート ケ ダーイー バジェー コーイー シェヘナーイー バジェー
दिल का बाज़ार लगा धेला टका पाई बजेディル カ バーザール ラガー デーラー タカー パーイー バジェー

夜の2時半、笛が鳴り始める
心が売られ、硬貨の音がする

 「Dedh(डेढ़デール)」と「Dhaai(ढाईダーイー)」と併せて、この記事で解説している「Saadhe(साढ़ेサーレー)」、「Sawa(सवाサワー)」、「Paune(पौनेパォネー)」の使い方もマスターすることを推奨する。

脚注

  1. 表向きは両性具有者のコミュニティーだが、実質的にはトランスジェンダーのコミュニティー。