3 Deewarein

 2003年8月1日からデリーでは3つのヒンディー語映画が封切られた。アジャイ・デーヴガンとラーニー・ムカルジー主演の「Chori Chori」(2003年)、アクシャイ・カンナーとシルパー・シェッティー主演の「Hung...

Jhankaar Beats

 インド人によって作られた英語の映画、ヒングリッシュ映画が次第に1ジャンルを築きつつある。そのヒングリッシュ映画によく顔を出し、個人的に最も注目している、ラーフル・ボースという俳優がいる。メジャーなインド映画にはほとんど...

Aamdani Atthanni Kharcha Rupaiya

 今日観た映画はゴーヴィンダーの「Aamdani Atthanni Kharcha Rupaiya」。2001年12月21日公開。題名の意味はおそらく「収入は支出の半分」という意味だと思う。オデオン・シネマで12:15か...

Ek Rishtaa

 2001年5月18日公開の「Ek Rishtaa(ある関係)」は、1990年代の香りを漂わす家族礼賛の物語である。公開当時はまだインドに住んでおらず、2023年5月17日に観賞しこのレビューを書いている。

One 2 Ka 4

 2001年3月30日公開の「One 2 Ka 4」は、シャールク・カーン主演のアクションコメディー映画である。題名を直訳すると「1×2=4」になるが、このフレーズは人を騙す詐欺師や手品師を象徴している。大ヒット映画「R...

Phir Bhi Dil Hai Hindustani

 2000年1月21日公開の「Phir Bhi Dil Hai Hindustani(それでも心はインド人)」は、アズィーズ・ミルザー監督、そして主演シャールク・カーンとジューヒー・チャーウラーの失敗作に数えられている。...

Raju Ban Gaya Gentleman

 1992年11月13日公開の「Raju Ban Gaya Gentleman(ラージューが紳士になった)」は、後に「3カーン」の一角を占める人気スターに成長するシャールク・カーンの、初期の出世作の一本だ。日本でも「ラジ...

Qayamat Se Qayamat Tak

 1980年代はヒンディー語映画の暗黒時代と呼ばれている。TVやビデオが普及したことで観客が映画館に寄りつかなくなり、映画は貧困層の娯楽に成り下がった。ヒンディー語映画界も背に腹は代えられず、貧困層向けの、暴力とエロに満...