Youngistaan

 かつて東京でオリンピックが開催された頃、インドの映画業界も日本に関心を持ったようで、「Love in Tokyo」(1966年)や「Aman」(1967年)など、日本ロケを含むヒンディー語映画が作られた。その後も散発的...

Club 60

 大半のヒンディー語映画は若者が主人公だが、時には老人が主人公の映画も作られることがある。「Baghban」(2003年)や「Cheeni Kum」(2007年)のように、大御所俳優アミターブ・バッチャン主演の最近の映画...

Yeh Jawaani Hai Deewani

 2013年はディーピカー・パードゥコーンの当たり年だった。「Race 2」、「Yeh Jawaani Hai Deewani」、「Chennai Express」、「Goliyon Ki Raasleela Ram-L...

Listen… Amaya

 2013年2月1日公開の「Listen… Amaya」は、夫を亡くした母親が再婚しようとしていることに動揺する娘の物語である。映画公開時にインドに滞在していたが見逃していた。2023年9月7日に鑑賞し、この...

Shanghai

 現在ヒンディー語映画界においてアヌラーグ・カシヤプ監督に並んで果敢に実験的かつ先進的な映画を作り続けているのがディバーカル・バナルジー監督だ。「Khosla Ka Ghosla!」(2006年)、「Oye Lucky!...

Lahore

 ヒンディー語映画界にもスポーツ映画というジャンルがやっと確立されつつある。現実のインドスポーツ界を反映し、ヒンディー語スポーツ映画も、クリケット映画と非クリケット映画に大きく分類される。そして非クリケット映画には必ずと...

Saas Bahu aur Sensex

 2007年、ハリウッドのプロダクションが初めて制作したヒンディー語映画「Saawariya」(2007年)が公開された。ソニー・ピクチャーズが制作したこの映画は残念ながら失敗作に終わってしまったが、ハリウッドのインド進...