ネットでインド映画を観る方法

 現在、日本には多数の動画配信サービスがあり、中には日本で過去に劇場一般公開されたインド映画を多数配信してくれている気の利いたところもある。だが、ここで主に扱うのは、日本でまだ公開されていない、最新のインド映画を、日本にいながら鑑賞する方法である。字幕は英語のみ、もしくは無し、有料サービスが前提となり、どちらかと言えばインド映画上級者向けの解説となる。インドでは新型コロナウイルス感染拡大の影響で、OTT(Over The Top)と呼ばれる、映画館を経ずに直接、動画配信サービスで配信される映画も多くなっており、日本にいながら最新のインド映画に触れることができるようになったが、逆に言えば、それらの作品は動画配信サービスを利用しないと鑑賞できないということでもあり、動画配信サービスで映画を鑑賞する方法を把握するのは、インド映画ファンにとって必要不可欠な時代となった。

JustWatch India

 インドでも複数の動画配信サービスが群雄割拠の状態となっており、特定の動画配信サービスでなければ視聴できない、という作品がほとんどである。つまり、ひとつの動画配信サービスで全ての作品を網羅することはできず、のめり込んで来ると、複数の動画配信サービスに登録する必要性に駆られる。

 それはともかくとして、まずは視聴したい映画がどの動画配信サービスで配信されているか調べる必要がある。

 その際に役に立つのが、JustWatch Indiaである。このサイトで作品名を検索することで、どの動画配信サービスで配信されているか、また、有料か無料か、という情報が得られる。情報が古いこともあるが、概ね情報は正確である。

VPN

 日本にいながらインド映画を鑑賞しようと思った際にもうひとつ大事なのは、適宜VPNを使うことである。VPNとはVirtual Private Networkのことで、インターネット回線を利用したプライベートネットワークのことである。VPNを使うことで、日本以外の国のサーバーを介して、その国のコンテンツへのアクセスが可能となる。なぜ大事かと言えば、多くの動画配信サービスは国ごとに配信される作品を変えており、日本からの通常アクセスでは視聴できるインド映画の数に限りがあることがほとんどだからである。

 多数の業者がVPNを提供している。無料のものもあるが、信頼性の高いものは有料となる。僕の場合は、Google ChromeのAddonからの利用が便利なExpressVPNを使っている。有料サービスで、年間100ドルほどである。

Netflix

https://www.netflix.com/

 日本でも人気のNetflixは、インドでも主流の動画配信サービスとなっている。日本のNetflixのサブスクライバーになれば、そのままでも多数のインド映画を日本語字幕付きで視聴できる。OTT作品から過去の名作まで、品揃えも豊富である。日本でインド映画を楽しもうと思った場合、Netflixは必ず利用すべきサービスである。

 言語設定を英語にすることで、さらに多数のインド映画が表示されるようになる。だが、そうやって表示された作品には日本語字幕が付いておらず、英語字幕で鑑賞することになる。ここまでならばVPNは必要ない。

 Netflixも国によって品揃えを変えている。もちろん、インドのNetflixはインド人向けに多くのインド映画を配信している。日本からでも、VPNを介してインドのサーバーを使ってNetflixにアクセスすることで、さらに多くの作品を鑑賞できるようになる。とは言え、Netflixは日本向けにもかなり多くのインド映画を配信してくれており、Netflixのみを利用するのだったら、VPNの必要性は強く感じないだろう。

Amazon Prime Video

 Amazon Prime Videoもインドでは人気がある。だが、そもそもAmazonアカウント自体が国ごとに異なるため、日本のAmazonアカウントでインドのAmazon Prime Videoを利用することはできない。さらに、インドの携帯電話番号を持たない人はインドのAmazonアカウントを作成できない仕組みとなっている。

 日本のAmazon Prime Videoでも、よく探せば、過去に日本で公開された作品を中心に、いくつかのインド映画を視聴できる。過去の名作も徐々に充実して来ている。だが、OTT作品は日本のAmazon Prime Videoでは視聴できないと考えていい。

 Amazon Primeで公開されているインド映画を観たければ、米国のAmazon Prime Videoに登録するのがもっともいい方法だ。米国のAmazonアカウントを作成する方法は検索すればネット上で簡単に見つかるので、そちらを参照していただきたい。料金は年間120ドルほどである。

 米国のAmazon Prime Videoで配信されているインド映画には、日本から視聴できるものとできないものがある。できないもの(「This title isn’t available in your location」と表示される)についても、VPNを使えば、視聴できるようになるものがあるので、試してみる価値はある。VPNでのアクセスがはねられることもあるが、そういう場合はロケーションを変えて試すとつながることがある。

Disney+ Hotstar

https://www.hotstar.com/

 Disney+の方は日本でもお馴染みの、ウォルト・ディズニーによる動画配信サービスであるが、Hotstarの方は聞き覚えがない人が多いだろう。HotstarはStar Indiaによって立ち上げられた、インド向けコンテンツを配信するサービスだったが、親会社がディズニーに買収されたことで、Hotstarのサービスもディズニーに吸収され、このような形となった。Hotstarは無視できない数の最新映画を取り揃えており、動画配信サービスでインド映画を鑑賞しようと思った場合、重要なサービスである。

 だが、残念なことにDisney+ Hotstarもインドの携帯電話番号がなければ登録ができない。サブスクライブは諦めるしかない。その代わり、インド国内向けに無料で配信されている作品もあり、それらならば、VPNを利用することで視聴が可能となる。ただ、無料のためか、画質や接続が悪いことが多く、快適な視聴にはならないのが常だ。

ZEE5

https://www.zee5.com/

 インドの動画配信サービス。過去の名作から最新作まで幅広い取り揃えだが、渋い作品が多めである。ありがたいことに日本からでも登録ができる。料金は年間100ドルほどである。だが、日本からのアクセスでは視聴できない作品もいくつかある。そういうときはVPNの出番だが、日本とインドではアカウントが異なり、インド発行のクレジットカード等がないとインド国内向けプランにサプスクライブできない。Disney+ Hotstarほどではないが、接続が良くないことがある。インドの深夜など、インド人の利用が少なそうな時間帯(時差は-3時間半)に観るのがコツ。

Eros Now

https://erosnow.com/

 インドの動画配信サービス。2012年に立ち上げられており、インドの動画配信サービスの中では老舗である。ErosはDVDの配給会社だったこともあり、考え方もDVD寄りで、OTT作品やオリジナル作品というより、過去の名作が豊富な印象である。日本からでも登録でき、VPNを介さない通常アクセスでも全てのコンテンツにアクセスできるはずである。月額400円、年額4,000円の料金設定となっており、もっとも安価に利用できる。観たい作品があるときに月契約をして視聴し、観たい作品がなくなったら解約する、という使い方が賢い。

YouTube

https://www.youtube.com/

 もはや改めて紹介するまでもない、世界最大手の動画配信サービス。YouTubeでは、インド映画も多数配信されている。YouTubeのコンテンツは全世界共通であり、VPNなどを使う必要がない。YouTubeの公式パートナーであるShemarooなどが過去の名作を大量に無料で公開してくれている。便利な世の中になったものだ。ただ、違法でアップロードされているのではないかと思われるものも散見される。また、OTT作品を公開するプラットフォームにはなっておらず、最新作には弱い。

 YouTubeにて無料で視聴できる作品については、映画評の最後にリンクを添えてある。20世紀の作品には押しも押されぬ名作が少なくないが、21世紀の作品でYouTubeにて無料配信されているものは、残念ながら駄作が多いので注意して欲しい。

 YouTubeの「映画と音楽」では、有料ながら、日本語字幕付きまたは日本語吹替付きで、いくつかのインド映画も配信されているので要チェックである。

インディアンムービーオンライン

https://www.im-o.net/

 日本発のインド映画配信サービスとして注目したいのが、インディアンムービーオンラインである。日本で毎年開催されるインド映画祭「インディアンムービーウィーク」で公開された映画中心にレンタル形式で配信をしている。日本語字幕付きで1本1,000円である。南インド映画が中心だ。

 ちなみに、インディアンムービーオンラインやインディアンムービーウィークを運営する企業Spaceboxは、都市部を中心に、定期的に最新のインド映画の上映会を行っている。英語字幕のみとなるが、インド人観客と一緒にインド映画を鑑賞できるので、本場の盛り上がりを日本にいながらある程度体験できる貴重な場となっている。