代名詞+कोの特殊形

 ヒンディー語には以下の代名詞がある。

主格単数複数
1人称मैंマェン 私はहमハム 私たちは
2人称तूトゥー お前はतुमトゥムआपアープ お前たちは/あなたたちは
3人称(近称)यहイェ これはयेイェ これらは
3人称(遠称)वहヴォ あれはवेヴェ あれらは

 代名詞は格変化をするが、上表の主格(~は)の他に、属格(~の)と後置格しかない。

 属格は以下の通りである。

属格単数複数
1人称मेराメーラー 私のहमाराハマーラー 私たちの
2人称तेराテーラー お前のतुम्हाराトゥマーラーआपकाアープカ お前たちの/あなたたちの
3人称(近称)इसकाイスカ 彼/彼女のइनकाインカ 彼ら/彼女らの
3人称(遠称)उसकाウスカ 彼/彼女のउनकाウンカ 彼ら/彼女らの

 属格は、後に続く名詞の性に従って形容詞変化する。例えば、「मेराメーラー」は男性名詞単数形の前の形であり、これが男性名詞複数形の前だと「मेरेメーレー」、女性名詞の前だと「मेरीメーリー」になる。

 後置格は、時に斜格とも呼ばれるが、後に後置詞(英語の前置詞にあたる語)が続く形のことをいう。数ある後置詞を使いこなすことで、対格(~を)、処格(~にて)、奪格(~から)などの意味を加える仕組みになっている。

後置格単数複数
1人称मुझムジュ 私हमハム 私たち
2人称तुझトゥジュ お前तुमトゥムआपアープ お前たち/あなたたち
3人称(近称)इसイス これ/このइनイン これら/これらの
3人称(遠称)उसウス あれ/あのउनウン あれら/あれらの

 代名詞の後置格は、後に後置詞を伴って使用されるが、後置詞「को」と共に目的語となることが多い。

後置格+को単数複数
1人称मुझकोムジュコ 私をहमकोハムコ 私たちを
2人称तुझकोトゥジュコ お前をतुमकोトゥムコआपकोアープコ お前たちを/あなたたちを
3人称(近称)इसकोイスコ  彼を/彼女を/これをइनकोインコ 彼らを/彼女らを/これらを
3人称(遠称)उसकोウスコ 彼を/彼女を/あれをउनकोウンコ 彼らを/彼女らを/あれらを

 「後置格+को」には「आपकोアープコ」を除き、融合し短縮された形が用意されている。どちらもよく使う。

後置格+कोの融合形単数複数
1人称मुझेムジェー 私をहमेंハメー 私たちを
2人称तुझेトゥジェー お前をतुम्हेंトゥメー お前たちを
3人称(近称)इसेイセー 彼を/彼女を/これをइन्हेंイネー 彼らを/彼女らを/これらを
3人称(遠称)उसेウセー 彼を/彼女を/あれをउन्हेंウネー 彼らを/彼女らを/あれらを

 以上が一般的なヒンディー語文法の教科書に載っている事項である。

 だが、口語ではこれに加えて、「後置詞+को」として、1人称単数「मेरे कोメーレー コ」と2人称単数「तेरे कोテーレー コ」という言い方も一般的になってきており、ヒンディー語映画の台詞や歌詞の中にもこの形がかなり見られるようになった。これらは、本来ならばそれぞれ「मुझकोムジュコ」「तुझकोトゥジュコ」であるべきところが、「代名詞属格(男性後置形)+को」になってしまっている。

 例えば、「Agent Vinod」(2012年/邦題:エージェント・ヴィノッド 最強のスパイ)の「Pyaar Ki Pungi」ではサビの部分で「मेरे कोメーレー コ」が使われている。

Agent Vinod Pyar Ki Pungi Full Video Song (HD) | Saif Ali Khan | Pritam

ओ मेरी जान ओ मेरी जानオー メーリー ジャーン オー メーリー ジャーン
मेरे को मजनू बना देメーレー コ マジュヌー バナー デー

ああ愛しい人よ
僕を狂わせておくれ

 「तेरे कोテーレーコ」の用例は歌詞には少ないのだが、映画の副題になっているものがある。「Chot – Aaj Isko Kal Tereko」(2004年)である。「傷:今日は彼に、明日はお前に」という意味である。

chot

 「मेरे कोメーレー コ」「तेरे कोテーレー コ」は若者言葉というよりも訛りであり、こういう言い方をすることで、田舎者の雰囲気やぶっきらぼうな感じを出すことができる。映画の中でこの言い方をするキャラは、十中八九、上流階級やインテリの設定ではないと断言できる。ただし、歌詞の中に出て来る場合、韻律を合わせるために使われることはあるかもしれない。「को」以外の後置詞、例えば「~から」という意味の「से」と一緒に使われることもある。つまり、「मुझसेムジュセ」「तुझसेトゥジュセ」の代わりに「मेरे सेメーレー セ」「तेरे सेテーレー セ」になる。

  実は「मेरे कोメーレー コ」「तेरे कोテーレー コ」のかなり古い用例もある。1920年代から30年代に活躍した小説家プレームチャンドの作品の中で使われているのである。彼の短編小説「गुरु-मंत्रグルマントル」(1926年)に以下のような用例が見られる。

माई मेरे को भोजन करा दे, तेरे को बड़ा धर्म होगा।マーイー メーレー コ ボージャン カラー デー テーレー コ バラー ダルム ホーガー
ちょっと、ワシに食事をおくれ、あんたに大した果報があるよ。

 サードゥ(遊行者)がサードゥらしい「टेढ़ी हिंदीテーリー ヒンディー(曲がったヒンディー語)」の例としてこういう言い方をしており、約100年前から存在した言い方だということが分かる。