Jism 2

1.0

 当時としては冒険的なエロティック・ホラー映画だった「Raaz」(2002年)の大ヒットを受け、女優の艶めかしい肢体を売りにした「スキンショー」映画が大量生産された時代があった。その多くは実のあるストーリーがない駄作で、フロップとして歴史の闇に埋もれて行ったが、いくつかはヒットとなった。その中のひとつが「Jism」(2003年)だった。同映画は、女優の露出度の高さを売りにしていながら、プドゥッチェリー(旧名ポディシェリー)というエキゾチックな舞台とハードボイルドなストーリーのおかげで成功した。当時飛ぶ鳥を落とす勢いだったビパーシャー・バスが主演であったし、ジョン・アブラハムのデビュー作でもあった。

 2012年8月3日より公開のヒンディー語映画「Jism 2」は、題名の上では「Jism」の続編となっている。しかし「Jism」との直接のつながりはなく、全く独立した作品だ。この手の「ナンチャッテ続編映画」はヒンディー語映画に多く、「Raaz: The Mystery Continues」(2009年)、「Murder 2」(2011年)、「Housefull 2」(2012年)、「Jannat 2」(2012年)などがその一例である。

 「Jism 2」には、インド系カナダ人ポルノ女優として有名なサニー・リオーネが主演することで大きな話題となっている。この手の意表を突いたキャスティングによる話題作りはバット・キャンプ(マヘーシュ・バット、ムケーシュ・バット、プージャー・バットなどのチーム)の常套手段だ。監督は「Paap」(2003年)のプージャー・バット。なぜだか知らないが、男優のディノ・モレアがプロデューサーとして名を連ねている。

監督:プージャー・バット
制作:ブージャー・バット、ディノ・モレア
音楽:アルコ・プラヴォ・ムカルジー、ミトゥン
歌詞:アルコ・プラヴォ・ムカルジー、マニーシュ・マキージャー、ラシュク、ミトゥン、アヌシャー、アブドゥル・バースィス・サイード
出演:ランディープ・フッダー、アルノーダイ・スィン、アーリフ・ザカーリヤー、サニー・リオーネ(新人)
備考:PVRディレクターズカットで鑑賞。

 ポルノ女優のイズナ(サニー・リオーネ)はある日諜報部員アーヤン・タークル(アルノーダイ・スィン)と出会い、1億ルピーの報酬と引き替えに、とある作戦に参加することになり、スリランカへ飛ぶ。そこではアーヤンの上司グル(アーリフ・ザカーリヤー)が作戦の説明をする。現在スリランカには、インド各地でテロを実行するテロリスト、カビール(ランディープ・フッダー)が潜伏しており、イズナの任務はカビールに近付いて情報を盗み出すことであった。なぜイズナが選ばれたかというと、6年前までカビールとイズナは恋仲にあったからである。しかもカビールは今でもイズナのことを愛しているようであった。当時カビールは優秀な警察官であった。だが、ある日忽然と姿を消し、いつの間にかテロリストとしてインドの脅威となっていた。イズナはこの6年間カビールを忘れようと努力して来ており、最初はこの作戦への参加を断るが、最終的には協力を余儀なくされる。

 イズナは、カラン・ラージプートと名前を変えたアーヤンと共に、カビールが住む邸宅の向かいに住み始める。カランとイズナは許嫁ということになっていた。イズナは早速カビールと顔を合わせる。確かにカビールであったが、6年前の彼とはだいぶ変わっていた。イズナはカビールに近付こうとするが、カビールの方もグルの居所を察知し、奇襲を掛ける。グルは何とか逃げ出したものの、部下を失ってしまった。カビールに気付かれたことでグルは作戦を中止しようとするが、アーヤンとイズナは続行を求める。

 イズナはより積極的にカビールとコンタクトを取るようになる。イズナはカビールを遠くへ呼び出して密会し、その間にアーヤンがカビールの屋敷に忍び込んで情報を探す。だが、カビールは厳重な警備体制を敷いていた上に、アーヤンがカビールのPCから盗み出したのは偽の情報であった。カビールはイズナを疑うが、彼女が銃を突き付けられても頑なに無実を訴えるので、彼女を信頼する。しかし、カビールの忠実な部下サミトは最初からイズナのことを怪しんでいた。

 イズナはカビールに、カランを捨てて彼と結婚すると言い出す。カビールもそれを受け容れる。だが、このときまでにアーヤンはイズナを愛してしまっており、イズナがカビールと結婚することには反対だった。だが、グルの命令により、渋々従う。イズナはカビールの家に住み始める。

 カビールはイズナを秘密のコテージに誘い、そこに大切に保管されていた彼女との思い出の品を見せる。イズナは、そこにグルたちが探している情報も隠されていることを確信する。一方、アーヤンはサミトの奇襲を受ける。サミトはアーヤンが諜報部員である証拠を掴むが、アーヤンに殺されてしまう。翌朝、サミトがいないことに気付いたカビールは異変を感じ、スリランカを去ることを決断する。イズナはアーヤンに連絡をし、隠れ家のことを伝えようとするが、アーヤンは失恋に沈んでいた。また、カビールは遂にイズナの正体を知ってしまう。

 アーヤンの指示により、イズナはカビールを毒殺しようとする。しかし、カビールは過去6年間のことを話し始める。実はカビールはテロの捜査の中で、インドの政治家や高官がテロリストと密通していることを知ってしまう。カビールはそれを知って幻滅し、姿をくらますと同時に、裏切り者を一人一人抹殺し出す。そのためにカビールはインド政府から指名手配されていた。グルも諜報部員ではなく、金で雇われた殺し屋であった。それを聞かされたイズナは信じず、彼を撃って殺す。そして情報を手に入れる。だが、情報を持ち帰ると、グルはイズナを殺そうとして来た。イズナは、カビールが言っていたことの方が正しかったことを知る。だがもう後戻りはできなかった。グルはアーヤンに殺されるが、今度はアーヤンがイズナに、自分と結婚するか死ぬかを迫って来た。イズナは死を選ぶ。だが、彼女はアーヤンも道連れにする。

 いかにもバット・キャンプらしいB級の味付けの映画であったが、ありきたりのストーリーとサニー・リオーネの演技のまずさから、いい意味でのB級映画にはほど遠い。正真正銘のB級映画である。

 はっきり言ってほとんど何の取り柄もない映画だ。唯一の売りであったサニー・リオーネもパッとしない。ポルノ女優と女優は全く別物であることを改めて証明する役割を果たしただけだ。本物のポルノ女優を起用しているものの、「Jism 2」はポルノ映画の範疇に入る映画ではない。多少色っぽいシーンはあるが、大したことはない。劇中でサニー・リオーネが演じたイズナはポルノ女優という設定であるが、はっきり言ってかなり純愛の物語であり、ポルノ女優にする必要は全くなかったのではないかとも思った。

 国民会議派のベテラン政治家(2011年に死去)アルジュン・スィンの孫アルノーダイ・スィンの演技も冴えなかった。デビュー作「Sikandar」(2009年)や「Yeh Saali Zindagi」(2011年)ではいい仕事をしていたのだが、「Jism 2」での彼の演技は雑で、未熟なサニー・リオーネの救援になっていなかった。ベテラン俳優アーリフ・ザカーリヤーの演技も間が抜けていた。

 唯一光っていたのはランディープ・フッダーだ。「Jannat 2」で危険な酔っ払い刑事を演じて高い評価を受けたランディープは、この「Jims 2」でさらに精神不安定なテロリスト(実は正義漢)を演じ、さらに磨きを掛けていた。「Monsoon Wedding」(2001年)でのデビュー以来、必ずしも順風満帆なキャリアではなかったが、近年やっと自分の居所を見つけたと見える。危険な香り漂う怒れる男を演じさせたら右に出る者はいない。

 音楽監督はアルコ・パルヴォ・ムカルジーとミトゥン。MMカリームによる「Jism」の音楽はヒットしたが、「Jism 2」では音楽にも気合いが入っていなかった。だが、イズナとカビールの再会シーン前に流れる「Maula」は非常に力強い曲だった。歌手はパーキスターンの人気スーフィーロックバンド、ジュヌーンのボーカリスト、アリー・アズマトである。

 「Jism 2」は、インド系カナダ人ポルノ女優サニー・リオーネのヒンディー語映画デビュー作という点で話題だが、はっきり言って見所はそれのみで、それすらも見所とは言い難い出来であった。ストーリーもありきたりで容易に予想可能だ。だが、ランディープ・フッダーの演技が良く、それが少しだけ救いになっていた。どちらにしろ、わざわざ観る必要はない中途半端な映画だ。