Mission Tiger

1.5
Mission Tiger

 インドは世界でも有数の野生虎生息地であり、世界の虎の8割がインドにいるとされている。乱獲や開発により絶滅の危機に瀕した虎をインド政府は「プロジェクト・タイガー」という保護プログラムを通して組織的に保護しようと努めており、その努力の甲斐もあって、近年、インドの虎の数は増加傾向にあるとされている。ただ、密猟は依然として横行しているし、森林に住む住民が虎に殺される事件も時々報じられる。まだまだ人と虎の共存には程遠い状態である。

 2016年7月29日公開の「Mission Tiger」は、インドで初めて虎の密猟問題を取り上げた映画を自称している。監督はディープー・カルナカラン。同名の映画監督がマラヤーラム語映画界にいるが、別人のようである。こちらのカルナカラン監督は全く無名の人物で、この作品しか撮っていない。

 キャストもヴィジャイ・ラーズ以外は無名の俳優たちばかりだ。ヴィジャイ・ラーズ演じるラーム・ターパーの妻役を演じたクリシュナー・ラーズはヴィジャイ・ラーズの妻。いくつか出演作はあるが、よく知られた女優ではない。森林局(DFO)のヴィクラーム・ナーイルを演じたビージューラールも何者かよく分からない。他に、エンドロールにはパドマシュリー、スバーシュ、ソーヌー、アスラムカーンなどの俳優名が挙がっているが、おそらく素人なのではないかと思う。

 「Mission Tiger」は、どうも虎保護のアピールや虎の密猟問題への意識啓発を目的にして作られた教育映画的な作品のように見える。興行を第一目的に作られた映画ではない。公開日である7月29日も世界トラの日だ。ヴィジャイ・ラーズは映画の理念に賛同し、ノーギャラで映画に出演したという。

 舞台はウッタラーカンド州ラームナガル。新しく森林局のオフィサーとして赴任したヴィクラム・ナーイル(ビージューラール)は、密猟者を一網打尽にするために囮捜査を行う。正体を隠してマフィアに接近し、虎に400万ルピーをオファーしたのである。野生動物の密猟に対する監視が厳しくなっている中、仕事を任されたシヴとラーネーは、ラームナガルの森林を知り尽くした元猟師ラーム・ターパー(ヴィジャイ・ラーズ)を探す。

 ラーム・ターパーは、妻が病気で金が入り用だった。シヴとラーネーから虎の密猟を持ちかけられたが、彼は既に虎の狩猟から足を洗っており、一度はそれを断る。だが、やはり金が必要になり、虎の密猟を引き受けて罠を仕掛けるが、現れた雌虎が身籠もっているのを見て密猟を止める。同じ村に住むチャメーリー(パドマシュリー)は母親を虎に殺されており、ラームには虎の殺害を勧めるが、ラームはいくら貧しくても道は踏み外さないと答える。だが、妻の体調がいよいよ悪化し、手術代として1万5千ルピーが必要になったことで、仕方なく密猟を引き受けることになる。

 ラームは虎を捕獲して殺し、シヴとラーネーに引き渡す。だが、その瞬間に彼らはヴィクラムに捕まる。実はラームが二人に渡したのは偽物で、ラームはヴィクラムと通じていた。ヴィクラムは密猟に関わった人物を計画通り一網打尽にする。また、ヴィクラムが手術代を出してくれたことで、ラームの妻の手術も行われる。

 素人が虎保護を啓蒙するために情熱ひとつで作ったような映画であり、純粋に映画としての出来について一言いうならば、お粗末としかいいようがない。それでも、インドの虎保護を巡る問題を多角的な視点で捉えようとしており、インドの虎の現状を垣間見るための資料にはなる。

 「Mission Tiger」がもっとも強調していたのは、密猟問題が貧困問題と密接に関連しているということだ。主人公的な存在であるラーム・ターパーは元々、森林を知り尽くした凄腕の猟師であり、過去には虎の密猟も行っていたことが示唆されている。だが、彼はある時点でそれを止め、細々と生活していた。だが、妻が病気になり、その手術のために多額の金が必要になったことで、仕方なく密猟者に手を貸すことになる。ラームは、虎を巡る法律が厳しくなったということよりも、道徳心から自発的に虎の密猟を止めたと考えられるが、貧困はそんな彼の良心をも覆してしまう。

 虎が住む森林で暮らす人々にとって、虎は脅威でもある。チャメーリーという登場人物の母親は、母親を虎に食べられて失っている。それ以来、彼女は人食い虎の退治を森林局に求め続けていた。だが、森林局は虎の保護や密猟者の取り締まりを仕事にしており、彼女のその懇願を聞き入れることができない。チャメーリーは密猟者に自分の願いを託すようになる。

 しかしながら、この映画を観ていて意外だったのは、マフィアの間で虎の密猟が人気のない稼業になっていると受け取れたことである。法律が厳しくなり、森林局オフィサーの監視も厳しいので、実入りのいいビジネスではなくなっているのだ。今回、森林局のヴィクラムが囮捜査として虎の密猟に高額のオファーを出したため、虎の密猟を敬遠していたマフィアたちも虎の密猟に乗り出すことになる。冷静に考えれば、虎を守るはずのヴィクラムが虎の命を危険にさらしていた。

 舞台になっていたラームナガルは、おそらくウッタラーカンド州にある実在する町の名前だ。インドを代表する虎保護区であるジム・コーベット国立公園の玄関口にある。また、風光明媚な避暑地ナイニータールにも近く、映画中でもそのシンボルであるナイニー湖が何度も出て来た。

 「Mission Tiger」は、曲者俳優であるヴィジャイ・ラーズが出演し、虎保護に特化して作られた映画という点で注目されるが、素人が作った啓蒙映画の域を出ておらず、映画としてはお粗末な出来だ。しかし、密猟問題の根本的な原因を貧困と指摘しているなど、見るべき点はある。


Mission Tiger Hindi Movie - विजय राज की सुपरहिट हिंदी मूवी - Bollywood Blockbuster Hindi Movie